ふらッとあーと

ふらっと訪れた美術館や展覧会についての記録

4月にいった展覧会

ゴールデンウィークです

無職は毎日がゴールデンウィークだから関係ないな〜とおもっていますが

友人たちはゴールデンウィークなので予定がもりもり入ります

 

そんな中で4月まとめ

 

●4月9日

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

国立新美術館(六本木)

www.buehrle2018.jp

3月末に北区で開催されたこの展覧会の講演会で

招待券をゲットできたので早速いってきました!

講演会はこの展覧会に関わった研究補佐員の方のお話で、

出展作品をみながら西洋美術史をなぞるというもので

西洋美術史のよい復習になりました

展覧会はそのとき紹介された作品がいくつもあって

するすると目と頭に入りました

モネやルノワールはもちろんですが、

マネの作品がこの展覧会の中ではよかったと思います

作品点数もそんなに多くないため作品と作品の間隔が広く、

ゆったりとみることができたのもよかったです

 

●4月10日

猪熊弦一郎展 猫たち

Bunkamura(渋谷)

www.bunkamura.co.jp

f:id:yyyyymmkkkkk:20180503161008j:plain

猪熊弦一郎が描いた猫の作品のみの展覧会

ほんとうに猫猫猫と猫ばかりで驚きました

その一匹一匹が描き方は変わっても

生き生きと幸せそうなのが印象的でした

最後の部屋は撮影OK

壁の色とかも好きな感じでした

アンケートに答えたら、次の展覧会「パディントン展」が当たったので

5月にいこうと思います!

 

●4月20日

くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質

東京ステーションギャラリー(東京駅)

www.ejrcf.or.jp

f:id:yyyyymmkkkkk:20180503162232j:plain

国立競技場、品川新駅などを手がけている建築家、隈研吾の展覧会

あの建築もてがけていたのか!となるほど

たくさんの模型とパネルが展示されていました

撮影OKで美術展ではあまり見かけないスーツ姿の男性が多い会場でした

 

●4月21日

モダンアート再訪 福岡市美術館コレクション展

埼玉県立近代美術館北浦和

www.pref.spec.ed.jp

最近よく行く埼玉県立美術館(笑)

今回は九州派をはじめとした前衛作品の展覧会

具体の作品もあるので期待していきました

具体は展覧会の後半の最初に吉原治良田中敦子、白髪一雄の大きな作品が

壁三面に一点ずつ展示されており個人的に大興奮の空間でした

解説がちょっと長くて気になるな〜と思いましたが、

モダンアートをざっとみるには良い展覧会でした

 

●4月27日

アール・デコ・リヴァイバル!

建物公開 旧朝香宮邸物語/鹿島茂コレクション フランス絵本の世界

www.teien-art-museum.ne.jp

東京都庭園美術館が総合開館したそうで、

庭園見学も兼ねて新緑の季節にいってきました

リニューアルオープン時にもいったので

中は見たことがありましたが、今回は普段は見ることができない

ウィンターガーデン(温室)」に入ることができました

f:id:yyyyymmkkkkk:20180504181247j:plain

新館の展示室ではフランス絵本の展示があり、

平日の昼間から優雅な気分になりました(笑)

f:id:yyyyymmkkkkk:20180504181235j:plain

象のバーバラの原画が展示されており、ミュージアムショップでは

日本語の絵本も販売されていてとても魅力的でした

(絵本は我慢してポストカード購入…)

 

●4月30日

光琳と乾山 芸術家兄弟 響き合う美意識

根津美術館(表参道)

www.nezu-muse.or.jp

 今年もこの季節!

燕子花をみにいきました

桜をはじめ、今年は暖かいのでさまざまな花の見頃が早いです

GWの前半には庭園の燕子花は満開でした

f:id:yyyyymmkkkkk:20180504181356j:plain

展示は光琳と乾山の兄弟の作品が並び、

燕子花図屏風はその中の1点という立ち位置と感じました

光琳と乾山の共作の焼き物や、乾山の器など見所がたくさんありました

 

 

ほかにも松屋銀座の「MOE 5人展」や「ウォーリーを探せ!展」、

美術関係で公開初日に映画「ザ・スクエア」をみたりしました

 

ゴールデンウィーク中はどこも人出がすごそうなので避けて、

5月は無職の利点を活かして平日にいこうと思います笑