ふらッとあーと

ふらっと訪れた美術館や展覧会についての記録

世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦

2018年、最初の展覧会はこちら!

 

www.itabashiartmuseum.jp

 

と言いつつ終わってしまいました…

 

最終日前日に駆け込んできました

 

板橋区立美術館にいくのは何年ぶりだろう
学生時代に授業の関係でボローニャ展にいって以来だと思う
都営三田線の終点、西高島平駅からしずかーな住宅街をとぼとぼ歩くことを考えるとどうしても足が向かない


今回は誘われたから、思い切っていってみた
あと、会社のデザイナーさんたちがこぞって行ってよかった!と言っていたから…

 

駅を降りると美術館方面に歩いて行く人が多い
たまたま電車で向かいの席に座っていた親子も行くようだ
それとすれ違う人、つまり美術館から帰る人も多い

 

道中、中間地点あたりにファミマができている
(絶対、なかった、ローソンしか、なかった)

 

美術館に到着すると、チケット最後尾の看板が…
ちょうどバスが両方面から到着し、たくさんの人が降りてくる
急いで列に並ぶと後ろに長く伸びていった

 

こんなに混んでいる板橋区立美術館、初めてみた!
ここ最近は「永遠の穴場」ではないようだ
(いいキャッチフレーズだな)

f:id:yyyyymmkkkkk:20180114162629j:plain

 

会場にはひとひとひと…
幸いなことに順路が決まっているようではないのでぱらぱらとみて回ることにした

f:id:yyyyymmkkkkk:20180114162531j:plain

 

さまざまな製本方法でできた本やシルクスクリーンで印刷するきっかけになった本などの紹介からはじまり、いままでつくってきた本の原画が壁に並ぶ

 

インドらしい明るく独特な色彩の絵から線だけで繊細に描かれているイラストレーションまで実にさまざまであった

 

f:id:yyyyymmkkkkk:20180114162709j:plain

自家製水彩とはなんなのだろう

 

 

もう一部屋はボローニャ・ラガッツィ賞を受賞した「夜の木」がメインに展示されていた
「夜の木」の版別、言語別表紙の原画の展示はより一層その表紙の美しさを感じることができた(明治のTHE Chocolateに似ていると思うのは私だけ?)

f:id:yyyyymmkkkkk:20180114162821j:plain

 

会場の一角には実際に手にとって本をみることができるスペースもあり、ここが一番大盛況であった

子供もたくさんいたが大人たちが夢中になって絵本をめくっている姿が印象的だった

私も「夜の木」を手にとって、手すきの紙の風合いや色ののり方をじっくり見ることができた

 

会場の外にはショップ(ここも大盛況)と映像コーナーがあり、代表ふたりの話を見ることができた

曖昧な記憶だが、今後の展開を語る場面で利益でなく自分たちがつくりたいものをいくら時間がかかってもいいからつくていきたいと語っていたのが、ものすごく印象的で転職したくなったのはここだけの話…笑

環境がよいからこそよいものが生まれるのだなと感じた

 

美術館を出ると入った時よりも長ーく列が伸びて(歩道まで!)いた

 

本をつくる過程の一部を仕事にしている私にとっては、よいものづくりを見ることができ、年初めにふさわしい刺激となった

 

 

鑑賞日:1月7日(日)
所用時間:1時間