ふらッとあーと

ふらっと訪れた美術館や展覧会についての記録

サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-  川村記念美術館

最終日に駆け込み。
 (といいつつ、記事が1週間後になってしまった)
 
数年前に来て以来、だいぶ久々です。
東京駅からの直通バスで往復し、展覧会、庭園をたっぷり楽しんできました。
バスは補助席をフルで使うほど、混雑していました。
ちょうど1時間で到着。Suicaで支払いできます。
 
木々が茂る小道を抜け、美術館に入り、まずは常設展を巡ります。
 
印象派レンブラントシュルレアリスムなど、小さな部屋ごとに時代にあった作品がまとめられています。
なかでも、モビール作品で有名なカルダーは魅力的でした。
とても黒い》というおもしろいタイトルのモビールが…笑(とくに黒くはなかった)
 
そして、川村記念といったら、マーク・ロスコシーグラム壁画。
薄暗い部屋に入ると、赤褐色の大きな壁画が7点、ぐるりと囲むように展示されています。
目が慣れてくると、浮かび上がるような複雑な色彩を目でを味わうことができます。
 
また、2階にあがるとフランク・ステラの作品が時計回りに制作年順に並んでいます。
平面からの脱却を狙ったステラの変化をひと部屋で楽しむことができます。
私はステラを知っていたので、大変おもしろい展示でしたが、とくにキャプションもなく、知らない人はこの変遷が分からなくて、損をしているな〜と感じました。
(同行者はステラ作日をおもしろくない!とボロクソに言ってましたが…笑)
 
さて、いよいよサイ・トゥオンブリーです。
昨年、原美術館(御殿山)で開催された、ドローイング展とはまた違い、写真がメインの展覧会でした。
神殿遺跡やテーブルと椅子といった、構成を意識したような作品、花や野菜といった身近なモチーフを写した作品など多岐にわたっていました。
(多分、旅中に撮ったのであろう、スポンジボブのぬいぐるみが並んでいる様子の作品もありました…
 
写真がメインではありましたが、ドローイングや彫刻なども数展ありました。
 
キノコの版画は、紙の重なりによって生まれるレイヤーやドローイングがあり、
見応えがありました。
 
どうにも写真展というのは苦手で、なかなか感じることができませんでしたが、
静かな空気の流れる会場の雰囲気を味わうことができたのはよかったかなと思います。
 
 
ミュージアムショップのオリジナル商品が豊富に揃っていました。
 
ステラの3Dポストカードとはよく考えたものだな〜。
そのほか、美術館内のサインをモチーフにしたグッズも魅力的で
満足度が高かったです。
 
そして、公園もこの美術館の特徴です。
青々とした芝生に寝転んでみたり、森の中を探索してみたり、
アートと自然を満喫できる場所で、良い休日を過ごすことができました。
 
旅行に行きたいけれどなかなか行けない、ちょっと遠出したい
という気分になったら、DIC川村記念美術館がおすすめです!
 
 

鑑賞日:2016年8月29日(日)

鑑賞時間帯と所要時間:11時頃着。展覧会は1時間くらい。

庭園含めると、4時間半ほど滞在しました。

混雑:最終日のため、バスは混んでいましたが、施設内は空いていて、ゆったり見れた。